ABOUT

『漆工&木工により伝統を現代の文脈で進化させる職人工房』 深い森に囲まれた旧中山道沿いの小さな町、 木曽平沢で約70年前に創業して以来、 丸嘉小坂漆器店は常に漆を生業としてきました。 漆塗り職人が軒を連ねる町にある小さな工房では 漆工・木工に携わる職人が真摯に仕事に向き合い、 日々黙々とものづくりを続けています。 木曽漆器産地であるこの土地の自然、澄んだ空気、 四季の美しさや厳しさ全てを感じ続けながら、 伝統を学び受け継ぎながらも今日の使い手さんに思いを巡らせ、 驕ることなく新しい挑戦を続けることができる職人工房を目指しています。 木曽漆器づくりの技術による漆硝子への挑戦は約20年前に始まりました。 1994年に漆硝子の先駆けとなる“すいとうよ”を世に出したわたしたちは その後、 より幅広い料理まで楽しむことができる, 堅牢さという木曽漆器の遺伝子をより深く受け継ぐ漆硝子をめざし 研究を続けました。   “漆らしさ”を使いやすく楽しいものに昇華させたい という思いを胸に試行錯誤を繰り返し, 2013年、装いもあたらしい漆硝子“百色”は誕生しました。 職人の手仕事により丁寧に塗り描かれた、 一点一点の表情の違いが愛着に変わる、 温もりとクールさ、 新しさとクラシック感が共存するテーブルウェアを 自由なスタイルでお楽しみください。 有限会社 丸嘉小坂漆器店